こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていないし、役にもたたない

先輩に怒られるから残業をつけられないという現状について

先日、当りのきつい先輩から「その残業のつけ方っておかしくない?図々しいよ」というありがたーいご注意を頂いて以来、残業を全くつけない日々が続いています。

 

www.helloyutori.com

 

とりあえず今月は20時間のサービス残業をしてあげています!

多分これからもまだまだサービスする予定なので、累計30時間くらいはサービスしてることになりそうな予感。

上司には残業つけていいよと言われるんですが、どうせつけたらつけたでまた件の先輩にぐちぐちと言われるわけですよ。

本当は残業つけたいし、それでもってその分のお給料もちゃんと欲しい。

けれどこれ以上この先輩に何か言われるのももう勘弁なのでこんな選択を余儀なくされているんですが、実際は、

 

 

 

残業つけさせてくれよ。

働いてるんだから。

 

 

 

というのがアホほどの本音。

だって働いてるんですよ。

お給料もらうために働いてるんですよ、自分ら。

それなのにサービスしてそのお給料みすみす棒に振るって意味わからん。

それもその理由が、上司でもなく役職もない単なる先輩に「図々しい」って言われたからって。

いーみーふー\(^o^)/

うーけーるー\(^o^)/

このブログでも散々書きました。

別にその先輩から残業代支払ってもらっているわけでもないし、上司からは了承を得ている。

その先輩は恐らく「自分の方が残業をしているのに、そんな自分でも申請はセーブしている。それなのにあなたはどうしてすべての残業を申請しているの?」という感覚なんだと思います。

それなら自分が残業つければいいじゃん。

自分の裁量で申請するかしないか決めてるくせにそれを人に押し付けるってなんなの。

それも全員に言うんではなく、同じ内容で残業していても注意するのはわたしにだけって。

もうね、うん、知ってる。

よっぽどわたしのこと嫌いなんだよね!グッジョブ!

 

で、まあ、現状20時間のサービス残業じゃないですか。

その時間分発生するはずのお給料が泡となって消えている訳じゃないですか。

もうね、なんつうかね、あほらしいですよ。

だって残業つけられないのに仕事は残ってるからやらなくちゃいけないじゃないですか。

でも残業つけられないの。わたしだけ。

他の人は普通につけても指摘されないんですよ。

で、まあ、そういう不満を口にしちゃうと、「それならその先輩の事気にしないで残業つければいいじゃん」ってなっちゃうんですけど、もう、口煩く言われるのは嫌だからってこれはこれでもう自分で選んでることなんですけど。

けどぉ~でもぉ~、やっぱり納得できないじゃないっすか~!!!

だって働いてるんだもん!お金ほしいんだもん!!!

 

 

それでまあ、この件について先日上司との面談で告げ口したんです。

そしたらまあ案の定残業はつけていいよ、という結果になりましたけど。

けど、まあ、つけてないじゃないですか。

で、わたし、日々残業しているじゃないですか。

それは上司だって知っているわけです。

うちの部署はそれぞれの残業代を大体毎日上司が確認しているシステムなんですけど、まあね、うん、ええと。

本当は言ってほしいんですよ、上司から。

「ゆとりさん残業全くつけてないよね?前の面談で残業つけるなって言われたみたいだけど、まさか本当につけてないの?つけていいんだよ?というかつけて!」って。

そんな風に言われたら、さすがにつけます。

つけるというか、残業代を申請する勇気も出るし、件の先輩にも言える。

「すみません上司から残業の申請が少なすぎる、つけていいって注意されたんでつけてます」って。

でも言ってくれないんだよなぁ、そりゃまあ、高望みしすぎだよなぁ。

 

でも今月と、恐らく来月も残業30時間くらいすると思うのです。

そうなったら60時間のサービス残業じゃないですか。

今回はたまたま仕事が多いから残業も多いだけで、これが落ち着いたら比較的楽にはなるのですが、それでも、まあ。

これからずっとサービスですよ。永遠に。この部署にいたら。

 

でもいいんです、もうやめてやるから。

どうせ件の先輩もわたしのことが相当に嫌いだろうから、いなくなった方がせいせいすると思うんですよ。

わたしだってそんな先輩がいるところで働きたくない。

そんな先輩に悩んでいることを相談しても真に受けるなってことしか言ってくれない上司の下で働きたくない。

やめてほしくないって言う割には、誠意を見せてくれないんだもの。

今この会社で働いてこの業務が出来るわたしという人間は一人きりだけど、わたしは数ある会社から自分が働く場所を選ぶことが出来る訳でさ。

勿論その会社だってぴんきりだし、自分のスペックでよっぽど良いところに入れるとは思っていないけれど。

会社やら、上司やら、嫌味な先輩やらに、無駄に自分を擦り減らして尽くしてあげる必要なんてないと思うんだなぁ、これが。

 

まあわたしもやめる時までこの会社から搾り取れるだけ搾り取ろうと思います。

スキルやら、何やら。

嫌味な先輩からのストレスや、お金の貰えないサービス残業でマイナス面も多いですけど、それはまあ仕方ないことなのでね。

お勉強おべんきょうと自分に言い聞かせつつ。

 

今日も一日、どうにかやり過ごしてまいりましょう。