こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていないし、役にもたたない

仕事が嫌なら、来年夏のボーナスをもらったらやめようよ

「仕事が嫌だ」

「もうやめたい」

「本当に無理」

と、思いながらも、どうにかこうにか無理をして働いている日本人の、なんと多いことか。

嫌だとか、無理とか、その許容範囲とか原因は人によって大きさが違うと思うんですけど、それでもやめずに働いているのは何故なんでしょう。

なんとなく嫌だけれど、やめるほどではないからなんでしょうか。

なんだか辞めるタイミングが見計らえないからとか、今やめても生活費が続かないとか、退職を匂わせたら他の人から何か言われそうだとか、そういうことなんでしょうか。

わたしも今まさにそんなかんじです。

 

 

 

わたしが仕事をやめたい理由

今一度やめたい理由を書き出してみると

  • とにかく攻撃的で嫌味な先輩がいる
  • その先輩に残業代について指摘されるから残業がつけられない
  • 自己啓発だといって研修の残業時間をつけられない
  • 何かミスが発生したときに犯人探しに躍起になり、ミスの擦り付け合いが酷い
  • 嫌味先輩もいる上にお局様もいて面倒臭い
  • その上超絶気分屋な先輩もいる
  • 月給25万

 

一番の理由は嫌味な先輩がいること。

元々の性格なんでしょう、目上の人以外に対しては大体攻撃的な態度、物言いなんですがそれが自分含め一部の人間に対しては特に酷いのです。

全員ではないあたり本当に自分が嫌いなんだなぁ、気に入らないんだなぁと諦めているのですが、それにも限度があります。

毎日毎日嫌味を言われ、あることないこと全て自分のせいにされ、してと言われたことをしていたら今度はするなと注意されてもう本当にこの人なんなのー\(^o^)/

どうしたのー\(^o^)/どうしたいのー\(^o^)/

 

www.helloyutori.com

www.helloyutori.com

www.helloyutori.com

www.helloyutori.com

www.helloyutori.com

www.helloyutori.com

 

わたしは20代にして既に今の会社で3社目なのですが、人間関係が苦手で退職を考えるのは初めてです。

入社、転職して間もない頃は上司が怖いなどという理由でやめたいと思うことはあっても、半年一年もしたらそれは段々と落ち着いてくるものじゃないですか。

でも今回は違うのです。

転職後一年経って、最初の頃より風当たりがきつくなっている。

人間関係の問題って互いの性格の問題だから、中々どうすることも出来ないと思うんです。

それこそ最終手段はどちらかが異動なり退職なりをするしかない。

 

もうね、そうなっちゃうと、わたし、

ハイやめますってなっちゃう✋

挙手しちゃう✋

 

嫌味先輩を嫌だと思っている人は私含め6人くらいいて、実際に上司に相談しているのはわたしともう一人くらいでしょうか。

この全員が上司に密告すれば流石に嫌味先輩をどうにかしてくれると思うのですが、恐らく多分全員は言わないと思うんです。

自分のようによっぽど酷い言われ方をしているわけではないから。

でも別にいいんです、懲らしめてやりたいとか言う思いはあまりなくて、今はもうとにかく一緒にいたくないんです。

だから件の先輩がいない日に残業をして、いる日はとっとと帰るというようにしています。

残業するって言っても、もうつけられないんですけどね。怒られるから、サービス残業です☺

くだらないです、本当、もう、くだらない。

「自分が残業つけてないから」と、その先輩は言うのですが、それならつければいいじゃないですか。

数人の上司に確認したところ、それは働いているからつけていいよと言ってもらえる。

それは恐らくその先輩の残業も同じだと思うんです。

本当はつけてもいい残業を自分の裁量でサービスにしていて、それを後輩にも押し付けている。

それなのに全面的にこちらが悪いと言った雰囲気で非難してくるのだから、ほんと、もう。

もうあたいも自由にしちゃう!!!

知らん!!!仕事やめちゃる!!!ばか!!!

 

 

 

「やめたい」を口癖にしてもいざ行動しないと何も始まらない

と、まあ、やめたいとは数か月前から思っていたのですが、結局何も行動には起こせず現状維持でお仕事を続けること暫く。

事態は悪くなるばかり、更にやめたいと思う事ばかり。

最近「やめたい」が口癖になっていたのですが、タイミングなど色々と考えて結局転職活動は何もしていなかったのです。

それは前述したように、タイミングとか、言ったら更に陰口を言われるんじゃないか当りがきつくなるんじゃないか、それに面談直後でやめるなら異動やチーム変えをと言われた矢先だとか、まあなんというか。

 

やめたい理由と同じくらい、やめられない理由だって思いつくんですよ。

 

退職って、結局迷惑をかけるものです。

だって人員に穴があくわけだから、迷惑をかけないとか嫌われないようにとかそんなの、土台無理なお話なんです。まあ、業種によっては違うこともあるんでしょうけど。

それでもやめたいと思っていることは確かな気持ちです。

それは本当に自分に非があったり、自分自身に甘いとか、所謂良くない身勝手な理由だと思われることもあるかもしれません。

わたしだってそう思われていると思います。

「仕事が出来ないくせに残業つけて、それについて注意したら逆切れ!?はぁ!?ありえなくない!?」ってね。

言いたいことは分かるし、受け取る側が変わったらそちらの方が正論だと取られることもあるでしょう。

でもわたしはもう無理なんです、もういやです。

もう嫌で、もう無理で、それでもなんだかんだ今の仕事を続けている人。

たくさんいると思うんですよ。

今一度、考えてみませんか。

本当にやめたいですか。それともまだ続けたいですか。続けられそうですか。

もし駄目そうなら、とりあえず、転職活動してみませんか。

それかわたしみたいに、もう退職の期限を決めちゃいませんか。

既に2社やめているわたしでさえ、退職には勇気がいります。

それだけの労力を使います、やめるのを決めることすら。

だから今まで退職したことがなかったり、あるいはわたしのように何度も仕事を変えて「そろそろその転職癖なおしたら?」という風に思っている人もいることでしょう。

やめたいけど、けど、けど、って。

無理ならもういいと思うんです、やめちゃいましょう、えいって。

今より悪い環境になるかもしれない。中々仕事が決まらないかもしれない。

そんな不安があるなら早めに転職活動を始めて次の働き先を吟味すればいいんじゃないでしょうか。

だって、今の会社が嫌で、やめたいんですよね。

それならいいじゃないですか、多少のリスクを背負ったって。

わたしは独り身で女だから、まだ気軽に決められます。家族があったり、男性だと、この考えは通用しないのかもしれない。

薄っぺらいなあと思われたっていいんです、なんだろうな。

背中を押したいとかいうわけではなくて。

一緒に頑張りたいというわけでもなくて。

やめたいというその気持ちに共感したいし、共感してほしい。

多分それだけだと思います。

 

 

f:id:mimimicha:20181111011751p:plain