こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていないし、役にもたたない

「やる気ない。うざい。大嫌い。」 と、言われている件。

転職してちょうど1年位経ったけれどなんとも嫌な雰囲気に陥っていて本当最低な気分でおります、どうも、ゆとりです。

この職場サービス残業は多いし、チームにめちゃくちゃ嫌味はいるし、もう絶対やめてやるって常々思っていたのだけど案外続くものだなあと、もうちょっとがんばろうかなあと思っていた矢先のこの事件。

 

 

聞いてくださいよ!

 

 

 

いやまあそもそもは自分が悪いんですけどぉ~。

わるいんかーい\(^o^)/

 

そもそもはわたしが新しい仕事を振られまして。

それを業務終了後教えてあげるよって話になりまして。

ばぁーっと概要を説明してくれたんですけどやっぱり不安だったから「出来るかなぁ、出来ないかも…」と弱気発言をしたところ。

その先輩。

 

 

「はあ?出来ないってなに?こっちは貴重な時間割いてやってるんだけど?そういうふうに言われるとうざいんだけど。」

 

 

大激怒\(^o^)/

いきなり怒られたのでもう本当にびっくりして、「すみませんすみませんがんばりますがんばります」を呪文のように繰り返していたよね。

まあ見て頂いて分かる通りわたしがそもそも悪いんだけど。

わたし性格が悪いし積極性もないしこの先輩の言葉通りやる気もないのでアレな感じに受け取っちゃうの。

 

え~?言い方~\(^o^)/

急にテンション振り切れてこわいよ~\(^o^)/

でもそもそもやる気はないよ~\(^o^)/

仕事に対するポテンシャルみたいなのは個人の自由じゃん~\(^o^)/

 

 

 

と思いながらもまあしばらくは普通に過ごしていたんですけどね。

先日お昼休憩の最中、数人がいる休憩室でさらにその上の上司がふとわたしに話を振ってきたんですよ。

 

 

「そういえば怒られたんでしょ?言ってたよやる気ないとかむかついたとか面白くもなんにもないとか大っ嫌いとか~w」

 

 

あ、あの先輩言いふらしてるのね。

そしてお前はこの場で、他の人もいる中でそれを言っちゃうのね。

 

 

なんかもうぷっつーんするよね。

ぷっつーんというか。

全てがスッと冷めたよね。

ああなんかもうどうでもいいわ、どうでもいいや。と。

 

f:id:mimimicha:20180907002752p:image

 

 

わたしは自己肯定感が低い方の人間で。

だから自分は何も出来ない、覚えも遅い、全然ダメだって思ってる側なんです。

前に面談したときにももっと自信を持ちなさいやら自分が嫌いなのやら精神論みたいなこと言われたくらいなのですが。

でも「は~いわたし自己肯定感低い系の~アレな人で~」みたいに言うのも気持ちが悪くて。

だからいつも冗談めかして「できないでーす☆」みたいに言っちゃうんですよね。

まあこれ悪い癖なんですけど。一種の自己防衛とでも言いましょうか。

自分で自分は出来ない人間だと決めつけて他人にもそう宣言しておけば、それ以上下になることはないでしょ。

まあ、そういうかんじでわたしっているんです。

だから今回の件についても、それってもうわたしにとっては結構な精神論なんですよ。

で、それをするなっていうことはわたしを全否定されているような感覚で。

 

まあさすがにこんだけ言われたらもう出来るだけ「ハイハイガンバリマス」ってロボットのように返してるんだけど。

気持ち悪い。これ。

なんだガンバリマスって。気持ち悪い。

言わされてる感しかない。そもそも前も頑張ってたわ。なんつーか。まあ。

わたしが悪いんだけど、もうやる気は死にました。はい。

甘い考えですみません。でも仕方ないの。これが自分という人間だから。

 

 

 

そしてその話を休憩時間に聞いていた女子社員の一人が心配して後から話しかけてくれたんです。

そしたらまさかの。

 

「わたしも前言われてたんです、やる気ないって。それで上の人から注意も受けました。だから気にしなくていいと思います。」

 

 

なんだあいつ皆に言ってんのかーい\(^o^)/

それってただのお前の機嫌やないかーい\(^o^)/

クソうんこ野郎~\(^o^)/

 

 

f:id:mimimicha:20180907003029p:image

 

ちなみに風の噂ですが。

わたしとこの子以外の社員についてもやる気がないって注意したことがあるらしく。

もうとどのつまり全員みたいです。

 

 

はい。

仕事やめましょうね。

こんなとこいたくないしこんな人と仕事したくないので。

 

 

それじゃあ今日も。

ガンバリマショウニンゲンでガンバリマショウ。