こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていないし、役にもたたない

ひかりふる路、思い出したこと(宝塚雪組 ひかりふる路)

宝塚の沼にはまりそうな気がしていましたが、チケットが取れそうにないので一気にその熱が鎮火しつつある、熱しやすく冷めやすい代表、どうも、ゆとりです。

わたしは情報収集とかあまり興味がないので、宝塚いい!好き!ってなった現在はとにかく舞台を観に行きたいのですが、まあ、もう、取れないよね\(^o^)/

そしたらなんだかもう、(ああ、あの素晴らしい舞台をみれないのかあ…)という残念な気持ちが、何故か恨めしい気持ちになり、大興奮していた気持ちは段々と萎れて行っている次第であります。

千秋楽のライブビューイングは妹さんがとってくれたのだけど、やっぱり宝塚の魅力って生で見て、その声をこの耳で聴くことにあると思うんですよね。

でもまあ、取れないものは仕方ない!

 

f:id:mimimicha:20180128133613p:plain

 

 

それでもあの素晴らしい舞台について大体毎日思いを馳せているので、思い出したり思いついたりしたことをつらつらと。

 

 

そういえばあーさ以外に格好いい人がいた

観劇中は基本あーさが出たらあーさをずっとオペラグラスで追っていたわたくし。

あーさが出ていないときにはトップのだいもんをみたり、きほちゃんみたり、新聞屋さんのこまさんをみていたりしていたわけですが。

誰だと思います?わたしが格好いいと思った人。

それはね。

f:id:mimimicha:20180201221819p:plain

本当序盤だったのか終盤だったのかそれすらうろ覚えなんだけども。

こまさん扮する新聞屋さんがセンターで、一列が市民(多分)で歌い上げるところ。

その左側の男役さん!

お名前が全く分からないのだけど…

わたしが分かるのはあーさとさきなさんとだいもんときほちゃんとこまさんとまちくん

兎に角凛々しい顔立ち、男らしい雰囲気、素敵だったような気がする…。

本当一瞬だったし、他のシーンでみたら多分恐らくいや絶対分からないんだけど。

妹さんにそれを聞いてみた所、諏訪さきくんじゃないの?とのこと。

そうなのかもしれないけれど、そうじゃないのかもしれない…。

分からないよ…だって一瞬しか見てないもの…分からないよ…。

 

 

ダントン処刑の際、新聞屋夫妻の姿を見つけて不覚にも笑ってしまった

いやあの笑うとか本当申し訳ないんです。

本当申し訳ないんですけど。

ダントンとロベスピエールお食事からの決別→ダントン処刑になるじゃないですか。

件のシーン、まあダントン素晴らしく輝いているわけですが…

f:id:mimimicha:20180201223146p:plain

ん……?舞台奥の方の処刑台みたいなところに誰かいるぞ……?

はっ

あれは新聞屋さんご夫妻……!

ダントンvsロベスピエールみたいな中々緊迫感があり切なく苦しいシーンを超えての処刑シーン…。

新聞屋さんの存在は、わたしの中では最早空気と化していました…。

新聞屋さん、ダントン、ロベスピエールは3人で仲間だよ★友達だよ★みたいな雰囲気だった気がするのですが、もう、新聞屋さんの影が薄すぎて…。

というかダントン、サンジュストがいい意味でも悪い意味でもとにかく目立っていたんですよね。

悪目立ちと言っては言い過ぎの気もするけれど、なんだかんだ時代の波というか、世論と言うか、そういうものに飲み込まれている雰囲気のある主役二名に対し、脇を固めるダントンとサンジュストのキャラが濃すぎた。素晴らしすぎた。

こうなっては勿論新聞屋さんの影が薄くなっちゃうのも当たり前で。

ここでサンジュストを追っかけていたわたしとしては、あの台詞を思い出します。

サンジュスト「言動を慎まれては如何ですか?」

あの冷ややかで美しいお顔とお声で中々辛辣な台詞を吐かれるサンジュスト、革命の大天使様。

この台詞を思い出して背筋がぞわぞわすると同時、こう思ったのです。

あ、新聞屋さん、サンジュスト様に注意されたのに慎まなかったから…。

慎まなかったからイツノマニカショケイみたいになってる……。

新聞屋さん…(´・ω・`)

 

サンジュストは 悪 なのか問題

今一番わたしの頭を悩ませている問題なのですが。

お美しすぎる革命の大天使、サンジュスト様。

こう言っちゃあれですが、あまり史実がどうとかなんとか言ったって結局は脚本さんが書かれたものが全てであり、考察とか解説とか考えはしても結局は別にどうだっていいじゃーんとか思うのがわたしですが、まあ、考えてしまうことは考えてしまう。

だってフィクションだしね、うんうん。

あーさはサンジュストはロベスピエールを尊敬している、愛している、神だと思っていると言っています。

それなので最後ロベスピエールは坂道を転がり落ちていくが如く破滅へ直走るわけなんですけど、なんとなく、サンジュストがそれに拍車をかけているように思うんですよね。

最終的に恐怖政治を選んだのはロベスピエール自身だと思うんです。

サンジュストはロベスピエールを崇拝していて、彼が自分の全てで彼が世界の全てっぽいかんじなので、そんな人が自分の神に対して自分の意のままに操ろうと思うのだろうか。

ダントン処刑後ロベスピエールを立ち上がらせるときは本当にそういう雰囲気が出ているのでアレなんですけど(まあまたそこが最高にいいんですけど)。

今回、舞台自体サンジュストの演説から始まるじゃないですか。

「国王は敵だ!殺せ!」

みたいな、中々過激な発言をあの整ったお顔で言われるサンジュスト様。

最初から圧倒的なダークサイドな雰囲気が出ていたような気がします。

そして終盤ロベスピエールに歯向かう人々を捕らえ処刑する際の清々しさが過ぎるくらいの笑み。

程度が超えたロベスピエール至上主義者だからこそ、排他的になってしまう。

素晴らしいくらいのヤンデレというか、まあ、そういう雰囲気のサンジュスト。

勿論ロベスピエールがああなった原因の一つではあると思うんですが、ううん。

サンジュストが悪だとか、狂っているだとか、そういうことよりも。

ただただ落ちていくロベスピエールに寄り添っていただけのような気がするのです。

それにしてもあれですね、祭典?式典?を提案するところは本当に可愛い。

実際過去の教訓やらを生かしての(ギリシャかどこか?)演劇から学ぼうみたいなかんじだったようですが、ロベスピエールの犬にしか見えないサンジュスト様がそれを提案したと思うと。

犬がさ。

「犬 可愛い」の画像検索結果

「僕の素晴らしいご主人様だよ!みんなみてみて!!!!」

って言っているようにしか見えないんだ…もうだめ…尊過ぎる…

 

 

 

こんなに恋い焦がれているのにね!

こんなに舞台みたいのにね!!!

でもそれだけ本当に素晴らしかったから、皆みたいだろうし、チケット取れないのはもう仕方がない。

 

 

あああでももう一回でいいから!

せめてサンジュスト様生でみたかったなあ……

 

わたしは今日も一日サンジュストに思いを馳せながら頑張ろうと思います。

どうか皆さんの前にもイケメンやら美女やらキラキラした目の保養になるものが現れますように!

今日も一日、がんばりましょう。

 

 

ツイッターもやってます↓

 

 

ランキング参加中↓

他のブログ探しにもどうぞ☺

にほんブログ村 恋愛ブログへ