こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていません、あんまりお役にも立てません。ゆとり世代。仕事、婚活、映画読書などについて徒然。

職場で女子会をした

いやあ、うん、結果的に言うとものすごく酔っぱらった!

し、酔っぱらったおかげかは分かりませんがすごく楽しかった\(^o^)/

 

女子会のイラスト「鍋で忘年会」

 

女子会というか、同じチーム内の女性だけの飲み会。

うちのチームには社内で有名なお局さんがいらっしゃって、その人のマシンガントークがさく裂するからそれをただみんなでうんうんと聞く会になるんだよ、と言われていました。

それなので完全に接待モードでいかなければと思っていたんですが…

全然普通に楽しかったです\(^o^)/

確かにかなりお喋り好きだなあとは思ったのですが、全然こっちの話も聞いてくれるし。

なんだろう、前々から思っていたことなのですが、わたしもしかしたら、飲み会って同年代でやるよりも年上の人とやる方が好きなのかもしれない。

職場の若い世代とも飲み会があるのですが、そっちよりもおじさんの話を聞いたり、今回の様にお局さんのお話聞いたりしている方が楽しいんだよなあ。

それってただ話を聞くのが好きなだけじゃ?とも思うんですが、そうではなくて。

同年代飲み会でもマシンガントークをする男性がいるんですが、その人についてはもう全然全く話も楽しく感じないしむしろ嫌悪を覚えるほど…。

話の内容が面白いのか、それとも雰囲気か。

わたしも一緒に飲む人に楽しいなあと思ってもらえるようになりたいです。

 

正直、もっとお説教臭くなるかなあと思っていたんです。

正直わたしは仕事でも失敗が多いし、覚えも悪いので。

仕事の話も出たことは出たけれど、まあ、がんばっていきましょうというような前向きなかんじ。

 

しかし一つ気になったというか。

わたしにとって印象的だったのが。

そのお局さんが言った一言。

 

「前からやりたかった仕事があるの。

今でもやりたいって思っている」

 

年齢的には50前。

それでも夢があって、やってみたい仕事があって。

でも、わたし、思うんですよね。

やりたい したい そう思い続けてこの人は何十年経っているんだよなあって。

そう言いながらもきっとこの人は結局今の仕事を続けていくんだろうなあって。

願望って、大事じゃないですか。

けれど、言葉にするだけじゃなんにも変わらない。

わたしは、やりたいことがあるならやるし、やりたい仕事があるならそっちに進もうと、そう思いました。

今の仕事は結構技術系と言いますか。学校もその道の学校を出ているんです。

だから別の道に進むということは学生の数年間を無駄にしたように思うし、そもそも考えてもいなかったんだけれど。

学校なんて、たかだが3年か4年。

人生ってそれよりももっと長いし、進学の時に自分が本当に何がしたいか、何が向いているかなんてわかるはずもないと思うんです。

まあ、わたしはあんまりやりたいことというのがないのがまた悩み所なんですけどね。

 

夢とか。

理想とか。

好きなこととか、好きな仕事とか。

見つけたいなあと思った、飲み会でした。

 

そしてちなみにお局さんに男性との出会いがないことをお話ししたら、友達の後輩とかでいい子がいないか聞いてみるね!とのことでした。

 

とても有益な会だった…( ˘ω˘ )

またやりたいなあ。また誘ってもらえるかなあ。

ちょっとだけ、今のお仕事自体も頑張ってみようかしら、とか。

そんなふうに思っています。ちゃんちゃん!