こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていません、あんまりお役にも立てません。ゆとり世代。仕事、婚活、映画読書などについて徒然。

こんにちは、離人症

今日、数少ない友人と遊ぶ予定がありました。

朝起きて、お昼前にシャワーを浴びて、お化粧をして、駅へ向かいました。

 

シャワーを浴びている時に、一度、いつもの離人症のような感覚があったことを覚えています。

急にはっと我に返ったみたいになって、「わたしは誰?ここはどこ?」状態になるのです。

正確に言えば、自分が誰か、ここはどこか、分かっているんです。

頭では、あるいは、知識としては分かっているのだけれど、それが自分の実体験としてはなんだかしっくりこないというか、そういう可笑しな感覚。

でも、分かってはいます。

自分の名前も、今何をしているかも、これから何をしなくちゃいけないかも。

例えば自分の名前とか、今何をしていてこれからの予定はこうだから何をしなくちゃいけないということも、分かっているし覚えている。

でもなんだか、それが普通の感覚じゃない。

自分が知っているはずの自分の情報が、自分というものが、この自分じゃない気がする。

一瞬パニックになって、どうしよう、どうしよう、そう思うんです。

でも頭では何をしないといけないかを理解しているから、普通に動くことは出来ます。

その後頭を乾かして、服は中々決まらなくて一度着替え直して、予定時刻よりは少し遅れて友人と合流しました。

その後買い物をしたり、ごはんを食べたり。

定期を電車の中に落としてしまって、その友人がわざわざ届けてくれたり。

そんな一日。

覚えています。

覚えているんだけど。

 

記憶がすごく断片的で、今、また、離人症なんでしょうか。

今日を過ごした自分が自分ではないようで、というか、この体に今わたしの魂やら何やらが入り込んでついさっきまでのわたしだったものはどこかにいっているような、そんなかんじ。

買ったものも、食べたものも、会話も、大体は覚えているんです。

でもなんだかつながらない。怖い。

 

離人症みたいなコレがやってくると、もう、駄目です。

多分人から見れば普通に行動して普通に会話をしているんだろうけれど、ふと我に返っては「あれ?さっきまでの自分が自分じゃないみたい、なにこれ、怖い」と思いつつも普通に活動をしてしばらくしたらまた、「あれ?また自分が自分じゃないみたいだ。さっきもこう思ったのに。ああ、もう、いやだ」でもまた活動して、また怖くなっての、繰り返し。

 

どうしよう。

今もそう思っています。

不安な気がする。

どきどきしているような気がする。

でも無表情に、いつも通りごく普通に、ただキーボードを打っている。

 

明日になれば、なおるのでしょうか。

明日はお仕事。

普通にいつも通り行動できるのでしょうか。

というか、普通って。今日離人症がくるまでのわたしはちゃんと連続する意識を保ったままのわたしだったのでしょうか。

わからない。覚えていない。というか、そもそも、こういうこと考えるのって頭がおかしいのかな。普通のこと?

わかんない、わかんない。

でもどうせ、大丈夫。

だって不安でも、なんでも、自分が自分じゃないみたいで、一緒にいる人についても知識はあっても違和感があってもきちんと話せて認識はしていて、つまり、普通に振舞うことは出来ている。

 

ああ。

なんだこれ。

 

よくわかんない。

 

何かの記録として。

これを、とりあえずひとまず、残しておきます。

病院、いきたい。