こんにちはゆとり世代です

なんにもまとめていません、あんまりお役にも立てません。ゆとり世代。仕事、婚活、映画読書などについて徒然。

【転職】離職期間が長くなると不利ですよって、それは個人の問題ではないのですか

おはようございます、ゆとりです。

 

前回の転職でも使用した転職会社さんを使って今現在一社面接待ちの状態なのですが、それ以降その会社から求人の紹介が全くといっていい程ない

この担当さん以前も応募書類を提出したというのに屍状態だったので確認したらただ連絡を忘れていただけという過去がある人。

恐らく、一社面接待ちだからその結果が出るまで放っておこうと思われているのだと思います。

それか以前言っていたようにわたしでは受けることの出来ない求人しかないのか。

まあ、一ヵ月程度新しい求人の紹介がないので前者が正解かと思うのだけど……

 

新しい転職会社さんに登録してみました。

f:id:mimimicha:20170627221824p:plain

使えるものは使ってしまおう!!!

 

今回は電話面談~求人紹介までして頂きました。

もう一つの転職会社さんからは年収400万は難しいかもとのことでしたが、この方は全然大丈夫ですよ〜とのことで。

大丈夫なんか~い\(^o^)/

わたしの希望がほとんど全くないので(年収400万以上)、とりあえず経験を活かせるもので幅広くご紹介してみますね、とのこと。

せいぜい5、6社かなぁ?と思っていたらなんと

 

50社以上の紹介\(^o^)/

 

この担当さん出来る人なのか出来ない人なのかちょっと分からない…。

学歴とかも関係なく、とりあえずバンバン送っているような雰囲気。

そして面談中、いくつかの気になるお話が…。

 

担当さん「入社時期はどうされますか?」

ゆとり「しばらくゆっくりしたいので早くても9月からが…」

担当さん「あ~…中途の採用となると、採用から2週間で入社や1ヵ月で入社などになるかと思うので、入社時期が早くなることをご理解下さい。」

ゆとり「はぁ…(前職も中途採用だったけど半年以上待ってくれたけど…)」

担当さん「離職期間が長いと不利にもなりますし…」

 

あなたに関係ないでしょうよ!

 

そりゃあ企業からの印象も良いとは言えないだろうけど、関係ありますか?

確かに次の就職先を決めずに勢い退職をして現在ニートですが、ニートだからって親のすねをかじっているわけでもないし犯罪に手を染めて危ないことをしているわけでもない。

企業側の印象はどうであれわたしがゆっくりしたいんだ!!!

そんなことも許されないこの国、やはりやりにくいというか窮屈です。

(あれ、もしかしてこの考え方ってゆとり?それともただ単にわたしが自分に甘いクズなだけ?)

と、言うのがわたしの本音ではありますが、ここは一度企業側の本音を覗いてみましょう。

しかしわたしは企業側ではないので、ネットの皆さんのお力をお借りします。

 

離職期間が長い人は人事担当者も心配。不利を跳ね返す努力は必要 | みんなが知りたい転職のこと

 

上記サイトからの引用です。

 

離職期間が長い人ほど、採用企業の人事担当者も心配はする

 


採用活動を行っている企業の人事担当者は、書類選考や面接の場面で、応募者の在籍期間や離職期間の点もしっかりと見ています。どんな業界、職種、どんな会社でどんな仕事に携わってきたのだろう?その会社を退職してから現在まで、どんな風に過ごしてきたのだろう?こんな事を想像しながら、履歴書と職務経歴書を読んでいます。そのため、離職期間が長い人ほど企業の人事担当者も何か事情があったのだろうか?働く意欲に問題があるのだろうか?それとも何か別の考えを持っているのだろうか?と心配はします。


また離職期間が長くなってくると、上記のような心配に加えて、仕事自体を忘れてしまっていないか、即戦力になってくれるだろうかと心配する人事担当者もいます。これは業界や職種によっても若干異なりますが、流れの早い業界や空白期間が影響しやすいと思われる技術の仕事などであれば出てくる心配でもあります。これらの状況から、離職期間が長くなってしまっている人は、より一層転職活動に努力が必要になるのは間違いないと思います。

 

 

ポイントは離職期間をどのように過ごし、今後は何をしたいのか?

 


既に離職期間が半年や1年など、長期に及んでしまった人がこれから正社員転職を目指す場合、その離職期間中をどのように過ごし、それをどのように面接などの場面で伝えるか?について注意をしていく必要があります。例えば出産や子育てのために退職した主婦の方であれば、人事担当者としても世間一般的な常識の観点から理解がしやすく、無理に伝え方を考える必要はありません。このような理由の場合は、今後どのくらい働くことができるか?の方が面接におけるポイントになっていくと思います。


また留学や資格取得などの理由から離職期間が長くなっている人についても比較的理解はされやすいと思います。どんな目的で、何を得るために学んだのか、それを今後どのように役立てたいのか?そういった点が面接におけるポイントになっていくと思います。ただし留学や資格取得で学んだ事と、応募した企業の仕事が全く異なる場合には、人事担当者も気になるところではあります。なぜ学んだ事が活かせないかもしれない仕事に応募したのだろう?そういった人事担当者の疑問に丁寧に答えていく必要があります。稀に公務員試験の勉強をしていたというような方がいますが、こういった方の場合はかなりの方向転換になる訳ですから、人一倍熱意と意欲を人事担当者に感じてもらう必要はあると思います。


最後に最も注意が必要なのは、特別な目的目標を持たずに離職期間が長くなっている、いわゆる無職と思われてしまう可能性のある方。自分なりに転職活動はしていたのですが、あまり良い会社がなくて・・・という感じで半年、1年と時間が経ってしまっていると要注意です。企業の人事担当者としては心配なタイプになりますが、今後きちんと仕事に取り組んでくれそうか、その応募者の期待できる仕事面でのポテンシャル、人物としての信頼性などを総合的に勘案して、採用の有無を判断するしかなくなってしまいます。こういった方の場合は、身だしなみや立ち振舞いなどにダラけてしまっている部分はないか?そんな点もケアした方がいいと思います。また、優柔普段ではっきりしない態度、口調になっていないか、愚痴っぽくなってしまっていないか、客観的な目で自分を見つめなおしてから、面接に臨む方が良いと思います。

 

う、うわあ耳が痛い~\(^o^)/

途端に弱気になる、それがわたし、ゆとりです。

でもいいじゃんゆっくりしたいんだもん!今まで正社員として〇年間働いてきて、いきなり退職して、予期せず時間が出来たんだもん!満喫したいと思うのが人間ではないのか?

ちょっとこれについてはあまり考えないでおこう。

だってすでに無職だし、だってまだゆっくりしたいんだもの。

 

そしてわたしはもう一つ、この担当さんから耳が痛いことを言われてしまいました。

前々職、前職と業界は似ているものの別業種へのキャリアチェンジ。

それを早期(どちらも1~2年)で退職しているため、それ以外の業種となると「うちもまたすぐにやめてしまうのではないか」と企業に思われるから、出来れば前職と同じ業種がいいのかもしれませんとアドバイスをされました。

これは確かに…と、納得。

納得はしたんですが、わたしは仕事に対しての熱量はそこまでなく、正社員であってもやることをきちんとやれば合わなかったらやめちゃえばいいじゃん、他にやりたいことが出来てもやめていいじゃん、という楽天的な考え方(悪く言えば無責任)で、今の年齢ならそれでいいのかもしれないけど、30歳、40歳となった時にそれが通用するのかと言えば通用しないと思うのです。物によると思いますが。

うーーーーん。

どうしよう、と漠然な不安はあるものの、こればっかりは性格だから仕方ないです。

職場が大好きになって骨を埋めることになるという可能性だってなくはないですからね。

ああ、やっぱり転職って面倒くさい…。

こういう時は自分よりも転職している人を探して、不安がるこの気持ちを慰めて(現実逃避)あげましょう。

 

 

xn--lckwdu620a2bm.com

 

www.huffingtonpost.jp

oshiete.goo.ne.jp

 

大丈夫、わたしはまだ、大丈夫!(多分)

と、今はまだ次が決まってないので無責任に言えないのですが、あわないなら仕方ないんです。

やめたいと思ってしまったんだから、仕方ない。

今は坂道を転がり落ちているようなかんじではありますが、次こそいいところに転職できるよう、目を皿にして頂いたたくさんの求人を確認しようと思います。

 

本記事お読み頂いてありがとうございました。

よろしければ他の記事や次回記事もどうぞよろしくお願いします!

 

 

***ツイッター・ランキング参加中***
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
***